CRADLE
News & Topics

いまもっとも注目されている、クラシックメタル。

クラシックメタルの新作が充実しています。じわじわと人気が出ていたジャンルだったのですが、ここにきて飛躍的に注目が高くなってきました。

Classic_metal_matome
クラシックメタル人気の要因は、アイウェア界を牽引するブランドから多数、良作が出ているのも要因かと思われます。

ボストンタイプや真円のモデルが基本ですが、人気のデザインには以下の2つの傾向があります。

一つは極めて細身でシンプルなデザイン。余計な装飾を排除したシンプルな佇まいでフレームラインのみで勝負する潔さがウリです。メタルクラシックの魅力を満喫できるのはこのタイプで、比較的小振りなものが多く揃っています。

もう一つはセルとコンビになったタイプ。テンプルがセルになったタイプは従来もあったのですが、最近はフロントのメタル枠の内側にセルを咬ませて、レンズを嵌める内セルの技法が目立っています。薄い印象になりがちなメタルクラシックタイプに程よいアクセントとボリューム感を持たせてくれています。

サングラスも増えてきており、現在はメタルクラシックの選択肢がかなり広がっています。

 

アイウェア界を牽引するブランドからも、クラシックメタルのモデルが多数登場しています。

MaisonMartinMargiela “MMM014/G“ ¥42,000
極細リムと独特なフォルムがモードな雰囲気。一体型の成形なので耐久性も高い。
Margiela

 

MARK MCNAIRY(GLCO) “M110/SI” ¥37,800
非常にシンプルなモデル。ボストン型のお手本のようなデザイン。
MARK_MCNARY

 

BARTON PERREIRA “BURROUGHS/GOL” ¥50,400
やや大きめなモデルはサングラスで。
BARTON_PERREIRA_BURROUGHS

 

BARTON PERREIRA “CORSO/BLA” ¥46,200
内セルを採用したモデル。柔らかさがプラスされている。
BARTON_PERREIRA_CORSO

 

新たなアイウェアトレンド、クラシックメタルにご注目ください。

Posted at 2013/10/31|News, Monthly Recommend, EXPRESS